阿炎、千秋楽嘉風に敗れ負け越し


越谷生まれの相撲ファン・
ペパーミントあいです。

平成30年夏場所千秋楽、
阿炎は勝ち越しをかけて嘉風と対戦。

押し出しで敗れ、
残念ながら負け越し
です。

スポンサーリンク

引いたところを一気に押し出し!

13日目は宝富士に逃げ続けて勝ち、
14日目は豊山に変わって勝った阿炎。

内容はともかく、
7敗を喫した後の2連勝で盛り返し、
千秋楽を7勝7敗で迎えます。

勝ち越しをかけた対戦相手は嘉風で、
嘉風も7勝7敗

お互いに勝てば勝ち越し、
負ければ負け越しという相撲。

嘉風は前回の対戦同様、
阿炎の変化を警戒してか、
ふわっとした立合いを見せます。

でも前回のように、
阿炎の突っ張りに下がっては
くれませんでした

なかなか下がらない相手に
阿炎がじれて引いたところを、
嘉風が一気に押し出し!

待ってました、とばかりの
タイミングでした。

すぐ対応してくる上位力士

さすがベテランで実力者の嘉風。
たった1回の対戦で完全に攻略されました!

こうすぐに対応してくるあたり、
幕内上位の力士って本当凄いなと思います。

嘉風は今場所の番付こそ
前頭8枚目ですが、
実力的には幕内上位、
三役クラスの力士ですからね。

こういった対応の早い上位力士に
阿炎が今後どう戦っていくのか、
楽しみに見守りたいと思います。

阿炎の対嘉風の対戦成績

結果、阿炎の対嘉風の対戦成績は
以下のようになりました。

阿炎 1-1 嘉風
押し倒し 平成30年
春場所
平成30年
夏場所
押し出し

阿炎の夏場所は7勝8敗

阿炎の夏場所の最終成績は
7勝8敗となりました。

残念ながら1点の負け越しです。

でも、上位総当たりの番付
7勝もあげられたのなら、十分立派です。

さらに白鵬も倒しましたからね^0^

豪栄道にも勝っているので、
1横綱2大関を撃破しての7勝8敗は立派です。

三賞の候補にはならず

そして今場所は白鵬に勝っているので、
もし千秋楽勝って勝ち越せば
殊勲賞の受賞も、と思ったのですが、

残念ながら条件付きの
ノミネートもされませんでした。

少々不満ではありますが、
以下のことが理由として考えられます。

白鵬が優勝争いから脱落した

殊勲賞は横綱・大関を倒した力士、
もしくは優勝者を倒した力士に贈られます。

阿炎は白鵬と豪栄道、
1横綱1大関を倒していますが、
白鵬が14日目に逸ノ城に敗れたことで
優勝の可能性がなくなっていました。

それでも阿炎以外の黒星は
決して取りこぼしではないと思うのですが
……

厳しい選考基準だなぁと思います。。。

品格が伴わないと判断された

阿炎は白鵬に勝ったあと、
インタビューで「もう帰っていいですか」
と発言したり、

満面の笑みでピースしている写真
新聞に載ったりしていました。

ちょっと力士としてはチャラすぎて、
「品格が伴わない」と判断されたのかも
しれません。。。

それなら仕方ないですね(;^_^A

阿炎の名古屋場所の活躍に期待

そして、早くも気になるのは
阿炎の名古屋場所の番付です。

大幅な負け越しではないので、
一枚もしくは半枚の下降にとどまると
思われます。

次の場所も横綱・大関と対戦する
番付には残るはず。

来場所は今場所の嘉風のように、
もっと多くの力士が阿炎の相撲を
研究して攻略してくることが
予想されます。

それに対して阿炎がどう
応戦していくのか?
楽しみにしたいと思います^^

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。


スポンサーリンク