管理人と阿炎関の出会い


管理人が初めて阿炎関を見たのは、幕下時代、四股名が本名の堀切の頃でした。

BSの大相撲中継で初めて堀切を見た第一印象は「チャラい。やる気なさそう」でした。

その日の取組、堀切はあっけなく敗退。

よって、初見の印象は「チャラい。やる気なさそう。弱い」でした。

でも、今まで見たことのないタイプの力士さんで、インパクトだけは強烈でした。

「越谷出身の堀切」の存在はすぐに覚え、その後も何となく気にしながら見ていたら、意外にも、瞬く間に十両へ昇進!

今の阿炎関の印象は「弱いけど強い」に変わりました(笑)

理由は、体もまだ出来上がっていなくてひょろひょろで、突っ張りの威力も弱く、腰高も気になるけれど、土俵際での反応の良さであったり、本場所で稽古場の150%の力を発揮して白星を重ねることの出来る勝負強さです。

阿炎関は天才型か努力型かで例えたら、天才肌の力士だと思います。

本場所で稽古場以上の力を発揮出来るのは、物凄い武器ですよね。

やくみつるさんや能町みね子さんなど、相撲ファンの有識者と呼ばれる方々からも、将来をとても期待されている力士なんです!

わたしも応援していこうと思います。

 

当ブログと阿炎関について

当ブログの更新情報

以下、各種SNSをフォローいただければと思います!

管理人別運営ブログ

管理人別運営ブログもよろしくお願いいたします!

  • ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ
  • ペパーミントあいのフィギュアスケート文字動画
  • ペパーミントパラダイス
    ※キリスト教関連のブログです。
  •  


    スポンサーリンク